レーザー治療

しみ・しわ・ニキビ等に。最新のレーザー治療で効果を実感

しみ・しわ・ニキビ等に。最新のレーザー治療で効果を実感

有効なお悩み一覧

シミや赤ら顔
目周りや口元を中心とする小ジワ
しつこいニキビやニキビ跡の赤み
ほくろやそばかす
太田母斑、青いアザや入れ墨

レーザーのご紹介

Q-スイッチアレキサンドライトレーザー

Q-スイッチアレキサンドライトレーザー

Q-スイッチアレキサンドライトレーザーは、日光性色素斑(老人性色素斑)などの茶色いシミやソバカスなどの良性色素性疾患、及び太田母斑・青いアザや入れ墨除去に効果があります。治療後は必要に応じてテープ保護などを行っています。1cm範囲¥10,000~¥15,000(初診料・再診料別途・税抜)

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、ホクロをはじめとする良性の皮膚腫瘍の除去手術に有効です。メスを使う手術より傷口はきれいで出血もないのが特徴です。除去後はしばらくの期間傷口を保護していただく必要があります。ホクロ・皮膚良性腫瘍 ¥15,000~(初診料・再診料別途・税抜)

フラクショナル炭酸ガスレーザー

当院のフラクショナルレーザーは、最新型フラクショナル炭酸ガスレーザー(CO2RE)です。

フラクショナルレーザーとは、皮膚に点状の細かい穴を多数開けることで細胞を再生させ、肌を入れ替えるレーザーです。

欧米では、炭酸ガスレーザーで皮膚を削ることによって肌を入れ替える治療が行われてきましたが、日本人の皮膚は、色素沈着を起こしやすいので、一般的には普及しませんでした。
しかしながら、フラクショナルレーザーで点状の穴を開けることによってダメージを少なくしたため、ダウンタイムが軽減され、色素沈着などのリスクを少なくする治療が可能となりました。
フラクショナル炭酸ガスレーザーで治療すると、表皮の色素が除去され、同時に熱を与えてダメージを起こすため、穴が治癒する時に細胞を再生させるために皮膚が収縮し、強力に治療することが可能です。

このように肌の入れ替えを行うため、ニキビ跡(凹凸)、毛穴の開き、肌質改善、傷跡などの治療が可能です。

・治療回数は、1ヶ月に1回の割合で、5回〜8回以上の継続をお勧めします(状態によって回数は異なります)。
・必要に応じて、麻酔テープを貼ってから行います。
・治療後は、約3日~1週間、発赤が残ったり、わずかなかさぶた、肌のざらつきを感じます。
初診料 ¥5,000
再診料 ¥2,750(照射時)/¥1,000(診察のみ)
ニキビ跡の凹み、瘢痕、小じわ(フラクショナルレーザー) ¥7,500
※3×5cm(麻酔シール1枚分)の範囲

※ご希望の範囲によってシールの枚数分の料金がかかります。
※税抜価格です

ウルトラセルQ+(HIFE)

ウルトラセルQ+(HIFE)

この治療は、HAFU(高密度焦点式超音波治療法)の熱により、創傷治療過程でコラーゲンが再生成されることで、しわ、たるみを改善させることを目的とした治療です。
化粧品や、フォトフェイシャルでは届かない皮膚の深い層にあるSMAS筋膜に働きかけることで、肌の奥深くから引き締め、外科手術や注射、糸などを用いずにリフトアップが可能です。
また、たるみの改善だけでなく、引き締まった肌を維持したり、バリエーションとして肌を明るくする効果もありアンチエイジングのお手入れとして定期的に受けることもできます。 痛みやダウンタイムがほとんどないので、施術直後からのお化粧が可能です。

Facebook PAGE

INFORMATION

CLINIC LETTER

ドクターズインタビュー

pagetop